子供達

ウガンダ:プリンス君15才の物語

彼の母親はマンキンダイ村で地元のバーを経営しています。母はバーの仕事にほとんどの時間を費やしていて家族の世話をする時間がありません。 彼の父は時間の大部分をアルコールを飲むのに費やしています。父の職業はボダボダ(バイクタクシー)運転手です。 家では彼と3人の兄弟は無視されています。
なので彼は家を去ることを余儀なくされました。彼は2018年10月にTINEミニストリに加わりました。

Q1: スラム街の何が嫌い?

A1: 親がいない事です。

Q2: 今は何が楽しい?

A2: フットボールで遊ぶことです

Q3: 大人になったら何になりたい?

A3: 石油エンジニアです!

 

 私達は彼の夢を叶えたいと思っています!

-子供達

Copyright© 子供を助ける:ウガンダのストリートチルドレン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.