私達について

管理人からご挨拶

当サイトの管理人:藤重 悟と申します。2018年12月現在SFBCの代表を務めさせていただいています。このSFBCで一番に願うのは、この法人が私が召されたあとでも続いて支援の輪が維持継続されることです。その目的の為にこのSFBCを創立しました。(現在、一般社団法人ローゼス教会 へと名称を変更いたしました)

SFBCのやりたい事は、「当法人はキリスト教の精神に基づいて、恵まれない子供の支援をすることを目的とし、その目的に資するため、同活動を行う個人、同活動を行う団体に対する、人道的、物質的、金銭的、教育、医療、設備補填、法的手続など関連する一切の事業を行う。」定款のとおりです。

SFBCで私がやりたいこととやれることはまだまだ夢かもしれません。しかしその貴重な一歩を踏み出したのだと思っています。

妻が悪性胃がんで2018年1月26日に召されました。病気の発覚からたったの半年の事でした。私の希望も夢も消えました。私が鳥ならば片翼がもがれて、血を流しながら深い闇に落ちてゆくような日々でした。そんな時に出会ったのがエスタでした。私は思います。私の目の前に倒れている人がエスタの助ける子供達なのだと。私達はいったい何人の子供達を救うことができますか? 私は欲しいものが変わりました。お金も家も車も興味を失い色褪せました。そんなことよりも、私はだれもみたことのないだれもふれたことのない美しい聖なる綺麗などこにも売っていない本当の真の宝石のようなものが欲しくなったのかもしれません。たぶん私達が救うのではなく神様が人を愛しているから子供達を愛しているからこのような尊い事業をさせてもらえるのかもしれません。妻の死は意味があります。今、私は神様に心から感謝しています。

みなさまのご支援ご協力をよろしくお願いいたします←このリンクは献金URLへ飛びます

2018年12月15日(土曜日)藤重 悟

 

⇒2021年2月16日より、本目的を次のように定款の目的を追加変更いたしました。
↓↓
■  当法人は、人々に聖書を介してキリストの福音を宣べ伝えて、聖書の教義をひろめ、礼拝、儀式行事を行い、信徒を教化育成してキリストの無償の愛の救いに預からせることを目的とし、その目的を達成するために必要な事業を行う。また、キリスト教の精神に基づいて、恵まれない子供や大人の支援をすることを目的とし、その目的に資するため、当事者、同活動を行う個人、同活動を行う団体に対する、人道的、物質的、金銭的、教育、医療、設備補填、法的手続など関連する一切の事業を行う。

SFBCの働きは、ローゼス教会の海外での主な働きとして継続いたします。
ローゼス教会の国内の働きとして大阪西成あいりん地区での宣教が示され現在活動中です。
https://roseschurch.com

 


-私達について

Copyright© 子供を助ける:ウガンダのストリートチルドレン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.