About us

JEREMIAH BRAGG

Jeremiah In memory of the respected disciple of Jesus Christ

Jeremiah stayed in Japan from February 12, 2020 to November 4, 2020. It was about 9 months.He basically stayed in a room at the Izumi Christ Eikou Church in Fuseya-cho, Izumi City, Osaka Prefecture, on the western side of Japan. And based here, he energetically carried out healing and He was missionary activities here and there in Japan.
エレミヤは日本に2020年2月12から2020年11月4日まで滞在しました。約9ヶ月間でした。彼はベースとして日本の西側にある大阪府和泉市伏屋町の泉キリスト栄光教会の一部屋に滞在しました。そして彼はここを拠点に日本のあちこちへ癒しと宣教活動を精力的に行いました。

Jeremiah's Japanese mission map

The main districts are Osaka, Okayama, Hiroshima, Nagoya, Saitama, Nagasaki, and so on. I will post the record below. Let's travel to Japan with Jeremiah.
その主な地区は、大阪、岡山、広島、名古屋、埼玉、長崎、などです。下記にその記録を掲示しますので、エレミヤと一緒に日本を旅しましょう。

 

Jeremiah vacationin Japan:エレミヤ日本での休暇


One day, Jeremiah enjoyed fishing in the valley rivers of Japan with Robert!
ある日、エレミヤはロバートと一緒に日本の谷の川で釣りを楽しみました!

 

Hiroshima:広島

Jeremiah trained as a disciple of Christ in Hiroshima, the land of the atomic bomb in Japan.The destination is 300km (one way) by car. It lasted for half a year. It was a very hard schedule to get up at 5am every Saturday and go home late at night.
エレミヤは日本の原爆の土地である広島でキリストの弟子訓練をしました。その目的地は車で300Km(片道)の距離です。それは半年間継続されました。それは毎週土曜日の早朝5時に起きて深夜に帰宅するとてもハードなスケジュールでした。


This is a highway parking area on the way to Hiroshima. Humidity was high in June and very hot in July. Moreover, this year was the first year of the corona turmoil, so the traffic was very light. 。It is Robert Coulson who is with him. Robert is a Japan connoisseur who has lived in Japan for over 20 years.
ここは広島へ向かう途中の高速道路パーキングエリアです。6月は湿度が高くて、7月はとても高温でした。しかもこの年はコロナ騒ぎの最初の年でしたので交通量は非常に少なかったです彼と一緒にいるのはロバート・コールソン氏です。ロバート氏は20年以上を日本で暮らす日本通です。

Jeremiah speaking to Hiroshima's disciples and Robert translating into Japanese
広島の弟子達に話すエレミヤと日本語に翻訳するロバート

In front of the restaurant "Karakara". Every Saturday in Hiroshima, We had a delicious lunch here. Thank you Mimi.
レストラン「カラカラ」の前で。毎週の広島の土曜日、私たちはここで美味しい昼食をいつもごちそうになりました。ありがとうミミさん。

Jeremiah speaks to his disciples at the Hiroshima Peace Memorial Park.
広島原爆記念公園で弟子たちに話すエレミヤ。

It rained heavily on a simple cafe on the edge of this park that day. So we were resting with a drink of juice. And Jeremiah called out to the clerk here. Do you have a problem? He said yes. Very open-minded, he was healed by Jeremiah.

この日、この公園の端にある簡単なカフェは大雨でした。そこで私たちはジュースを飲みながら休息していました。そしてエレミヤはここの店員に声をかけました。「あなたは問題を持っているか?」すると彼は「はい」と言いました。とても心のオープンな彼はエレミヤの癒しを受けました。

It was a cafe with a beautiful red color scheme for umbrellas and kitchens.
傘やキッチンの赤の配色がきれいなカフェでした。

Osaka:大阪

Lots of memories. たくさんの思い出。

 

Nishinari in Osaka:大阪の西成

This yellow sign warns, "Don't sell stimulants at taverns!" It may indicate the bad reality of this town. Certainly I have met someone with such a bad eye.

この黄色の看板は「居酒屋で覚せい剤を売るな!」と警告しています。この町の悪い実態を示しています。確かに私はそういう悪い眼をした人に出会っています。

We held a "meeting of the Lord Jesus Christ" in the civic center in this town.

この町の中にある市民館の中で私たちは”主イエス・キリストの集会”を行いました。

Can you see Jeremiah listening to a crying person in the far right of this photo?

この写真の右奥でエレミヤが泣く人の話を聞いている姿をあなたは確認できるでしょうか?

 

Nagasaki:長崎

She is Keiko who lives in Hakata. On this day she came to her sister's house in Nagasaki. Because we went all the way to Nagasaki to videotape the story of her testimony of Christ.
彼女は博多に住む恵子さんです。この日、彼女は長崎の姉妹の家まで来てくれました。なぜなら彼女のキリストの証しの話をビデオに録るために私達ははるばる長崎まで行ったのです。

Video 1 about emotional healing. 感情の癒しについてのビデオ1

Video 2 about emotional healing. 感情の癒しについてのビデオ2

Video 3 about emotional healing. 感情の癒しについてのビデオ3

 

Kyoto:京都

 

Saitama:さいたま

 

At Robert's English School [Koko Head]:ロバートの英会話教室ココヘッドで

In 2020, we met many times to train Christ's disciples. There is Senrioka in Suita City, Osaka. It's a space where Robert teaches children English conversation on weekdays.

2020年、私達はキリストの弟子訓練のために何度も集まりました。そこは大阪の吹田市の千里丘です。普段の平日はロバートが子供達に英会話を教えているスペースです。

Jeremiah told us a suggestive blue monkey story. This stuffed blue monkey appeared in his video.
エレミヤは示唆のあるブルーモンキーの話しをしてくれました。この青いサルのぬいぐるみは彼のビデオに登場しました。

There was Robert's residence on the upper floor of Koko Head. There, baptisms were given to many people. The back print on the Jeremiah T-shirt was designed by him. It is a warrior of God who fights Satan.
ココヘッドの上の階にはロバートの住居がありました。そこで幾人へもの洗礼が授けられました。エレミヤのTシャツのバックプリントは彼が自分でデザインしたものです。それはサタンと戦う神の戦士です。

Congratulations on being baptized on this day! It was Aya-chan.
この日に受洗されたのはおめでとう!あやちゃんでした。

 

Okayama:岡山

Jeremiah spends time with his beloved family of God.
愛する神の家族と共に過ごすエレミヤ。

Jeremiah is pleased to receive a Japanese fan as a gift.
日本の扇をプレゼントされて喜ぶエレミヤ。

 

Izumi Christ Glory Church:泉キリスト栄光教会

Jeremiah is with brother RJ who translates.
エレミヤは翻訳してくれる弟RJと一緒に。

Jeremiah spending time with God's family in the church dining room.
教会の食堂で神の家族と過ごすエレミヤ

Jeremiah and Hitomi missionary preaching at church.
教会で説教をするエレミヤとひとみ宣教師。

Jeremiah takes a commemorative photo with everyone in the church just before leaving Japan.
日本出国の直前に教会の皆と一緒に記念写真に納まるエレミヤ。

 

Nara:奈良

This place is the most famous Shinto holy place in Nara, "Kashihara Jingu"
この場所は奈良で有名な神道の至聖所「橿原神宮」です。

This note is a Shinto message. He wrote. You must be born again. A disciple of Jesus Christ. Jeremiah Bragg.
この記録ノートは神道メッセージです。彼は書きました。「あなたは新たに生まれなければなりません」イエス・キリストの弟子。エレミヤ・ブラック

Jeremiah and I went to the site of the ancient ruins of Nara. There she met old woman, who was mowing. When we preached her gospel to her, Hallelujah! She said she believed in Jesus.
エレミヤと私は奈良の古代遺跡の場所へ行きました。そこで草刈りをしていた夫人と出会いました。私たちは彼女に福音を伝えた時、ハレルヤ!彼女はイエスを信じると言いました。

Some may know this his hat. This design is his work. He is always a FIRE! It said. Burn out the evil spirits of this world with the FIRE of the Holy Spirit! Amen.
この彼の帽子を知っている人もいるでしょう。このデザインは彼の作品です。彼はいつもファイヤー!と言っていました。聖霊の火でこの世の悪霊を焼き尽くす!アーメン

This is his autograph memo written in his Bible. When he sees this, some may look back on his handwritten form.
これは彼の聖書に書き込まれた彼の直筆メモです。彼の文字の形を見て懐かしく思う方もいるでしょう。

This Roses church logo was designed by him in a church room.
このローゼス教会のロゴは彼が教会の部屋の中でデザインしたモノです。

 

Book:本

Jeremiah met Ester and heard about her life. The interview with her lasted more than a month. And she wrote a book about her incredibly harsh life.
エレミヤはEsterと出会って彼女の人生の話を聞きました。彼女へのインタビューは1ヶ月以上に及びました。そしてその信じられないような過酷な彼女の人生を本にまとめました。

Jeremiah asked me to translate this book into Japanese, as I have only met online. But, My English was so weak that I politely declined his offer. I even asked Robert to fix it in writing the refusal. And I searched for someone to translate this book. I searched for it for a few months. But everyone was busy with their daily lives. I used Google Translate in my own way and I was trying to translate this book. Jeremiah's text used multiple relative pronouns and was esoteric to me. I prayed for the parts of the text that didn't make sense. God what is this saying? How was Ester feeling at this time? I always prayed that I would have trouble translating. It took months. And when I was able to translate to the end, God introduced me to a helper to correct the parts that were difficult to convey. And finally, this Japanese version of the book was completed. The title was "Experiences of abandoned girl who grabbed the light". because, It's not a fictional story, it's a real experience. And I was able to publish it on Amazon. I think everything was in the hands of God.
まだネット上でしか会っていない私に、エレミヤは私にこの本を日本語にして欲しいと頼みました。しかし私の英語力は非常に脆弱だったから、私は彼の申し出を丁重に断りました。その断りの英文を作成するのに、私はロバートに修正を依頼したほどでした。そして私はこの本の翻訳を頼める人を探しました。それは数か月探しました。しかし皆は日々の生活に忙しかったです。私は私なりにGoogle翻訳を駆使して私はこの本の翻訳にチャレンジしていました。エレミヤの文章は複数の関係代名詞が使われており私には難解な文章でした。意味不明な文章の箇所について私は祈りました。「神様これは何を言っているのですか?」「この時、Esterの気持ちはどうだったのですか?」私は翻訳に困るといつも祈りました。それは何か月も必要としました。そして最後まで翻訳できた時に、伝わりにくい箇所などを修正するための助け人を神は私に紹介されました。そしてようやくこの日本語版の本は完成しました。私は題名を「光を掴んだ、捨て子少女の体験記」としました。なぜならこの本の内容は架空の物語では無く、実際の体験だからです。そして私はAmazonで公開することができました。すべては神の御手の中でことだったと私は思います。

While he was in Japan, Jeremiah sent my translated book to Uganda. But I didn't know that. Then of course she can't read Japanese, she told me her joy. So I was surprised.
彼が日本にいる間、エレミヤは私の翻訳した本をウガンダに送りました。しかし私はそのことを知りませんでした。そしたら、もちろん彼女は日本語を読めないけれど、彼女は私に彼女の喜びを伝えてくれました。だから私は驚きました。

 

2019 Jeremiah I actually met. In Uganda:2019実際に会ったエレミヤ ウガンダで

With Ester's orphans.
Esterの孤児達と。

This photo was the first time I met Jeremiah at the Ester Orphanage in Uganda in 2019. His impression was big and very kind. I'm a Japanese with glasses. Another young man is brother Nobu.
この写真は2019年にウガンダのEsterの孤児院でエレミヤと始めて実際に会いました。彼の印象は大きくてとても優しい人でした。私はメガネをかけた方です。もう一人の若者はノブ兄です。

Ester wearing a Jeremiah hat and Jeremiah like Ester's father.
エレミヤの帽子を被るEsterとEsterの父のようなエレミヤ。

 

Jeremiah returned to heaven on June 1, 2022. On the side of Ester in Uganda. The gentle god met Ester at his end. Because Jeremiah had been in South Africa for a long time until just before. Hallelujah! Then there is an Australian brother who saw his vision of being in heaven. Until the day of resurrection, You sleep peacefully under God. We love Jeremiah! The victor Jeremiah who finished running gently. We want to see you someday.
エレミヤはウガンダのEsterの側で2022年6月1日に天へ帰還しました。優しい神は彼の最期にEsterに会わせてくださいました。なぜなら直前までエレミヤは南アフリカに長期滞在していたからです。ハレルヤ!その後、彼が天国にいるビジョンを観たオーストラリアの兄がいます。復活の日まで、あなたは神の下で安らかに眠るでしょう。愛するエレミヤ!優しく走り終えた勝利者エレミヤ! 私たちはいずれあなたに再会したいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

Finally Ester was able to bury Jeremiah. Because the US Embassy gave him permission to cremate. But this really took 20 days. and Ester, I think of "the hardships of your heart" and "the hardships of your body." Your hard work paid off. Thank you to my beloved sister. May my sister have the peace of God.
ようやくEsterはエレミヤを葬ることができました。なぜなら米国大使館から彼の火葬許可が下りたからです。しかしこの事は実に20日間必要でした。エスタ、私は「あなたの心の苦しみ」と「あなたの体の苦しみ」について考えます。あなたの努力は報われました。妹に神の平安がありますように。

主の愛する者は彼のそばに安全に住み、主は一日中彼を覆い、彼の肩の間に住まわれるであろう。
- 申命記33:12

アーメン

 

 

 

 

 

 

エレミヤ、主のもとで安らかに眠れ。

 

-About us

Copyright© Let's Help Children! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.