子供達

ウガンダ:ジュニア君12才の物語

2017年3月、ジュニアは路上でサンディ君と一緒にいました。 彼はいつも生る為に路上強盗とスリをしていました。彼は2014年に小学3年生で学校を中退していました。そして彼は薬物乱用にはまっていました。 灯油とマリファナの使用です。 ストリートで住む前、すでに父は母と別れていました。そして彼は父に見捨てられました。その後、彼は祖父と一緒に住みましたが、祖父の愚かな拷問のために、彼はストリートに逃げることにしたのです。

Q1: スラム街の何が嫌い?

A1:  お酒やシンナーや灯油などが嫌だった

Q2: 今は何が楽しい?

A2:  エンターテイメント!

Q3: 大人になったら何になりたい?

A3: コメディアンになりたい!

 

 私達は彼の夢を叶えたいと思っています!

-子供達

Copyright© 子供を助ける:ウガンダのストリートチルドレン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.